電子通知物配信サービスDigital messaging delivery service

データ印字帳票のペーパーレス化を支援するDCS
電子化した帳票をオンラインでセキュアに配信します

Kawase e-Document Cloud Solution(DCS)はデータ印字帳票を作成し、安全な環境下で電子配信するクラウドサービスです。
また、顧客はブラウザに表示された電子帳票に直接入力し発信者に送信することもできるので、申込書のDXを実現します。

情報通知帳票の電子配信

これまで帳票に情報を印字して封書で郵送していた通知物を電子帳票化。紙の帳票イメージを維持したまま配信することが可能です。

多数の宛先へ一斉配信

DCSは、多数の宛先へ向けて大量の電子帳票を作成・配信する場合でも、サーバーの能力を拡張して処理時間を短縮することができます。また、資料やチラシなどの同封物もデータを登録するだけで同送可能。受け取るユーザーは、いつでもクラウドにアクセスして必要な資料をダウンロードできます。

電子申込書に直接入力

受信者は、自分宛ての電子帳票にブラウザからオンラインで直接入力し、申請書をそのまま返信することができます。

DCSの特長

印刷プロセス

拡大画像を見る

さまざまなデータ印字帳票の電子配信を実現し、DXを推進

ペーパーレスを実現し、印刷・封入・郵送の手間や経費を削減

受取状況をいつでもステータスで確認可能

PCのほかにスマートフォンやタブレットにも対応したレイアウト

※2021年秋リリース予定

受け取るユーザーもブラウザからいつでも帳票の受領が可能

顧客はブラウザ上に表示された電子帳票にオンラインで入力が可能

お客様専用のサーバーや指定ドメインでクラウドシステムを構築しSaaS提供

独自の帳票やワークフローへのカスタマイズ、機能アップ開発にも柔軟に対応

当社は電子インボイス推進協議会に加盟し、商取引全体のデジタル化と生産性向上への寄与に賛同しております。