Work
「きめ細かいサポートプログラムがあるから安心。 実践的なスキルを身につける態勢を整えています」
  • マーケティング部門による新規訪問先のリサーチやアポイント獲得のサポートが万全なため、商談までにいたる時間を有効に使えます。
  • 営業企画のメンバーからは、提案内容の絞込み、資料作成やプレゼンテーション支援を受けられます。
  • 案件が具現化してくると情報処理専門のSE部隊がチームに加わります。それぞれが連携してプロジェクト化されるため、入社暦数に関係無く安心して業務に集中することができます。
  • 新規事業やサービスについての社内研修があり、時代のトレンドにマッチした新サービスへのスムーズな対応を体得できます。

Voice1

北原健二郎
東京営業第二部 係長
北原 健二郎
<入社14年目>

————入社の理由

「印刷物」というメディアを通じ、幅広い業界・企業に貢献していくというKawaseのビジョンに惹かれたとともに、自らの成長の可能性を感じました。

————やりがいを感じるとき

お客様とコミュニケーションを取りながら抱えている課題を解決し、さらに成果を出すことができたとき。

————辛かったこと、苦労したこと

お客様のニーズに応えることができず、またご迷惑を掛けてしまった時は自分の仕事の責任の重さを痛感します。

————嬉しかったこと、成長できたと感じたこと

感謝の言葉をいただいた時は苦労も忘れてしまうくらい嬉しいです。

————応募者へのメッセージ

決して楽な仕事などありません。失敗を恐れず積極的チャレンジしてみて下さい。

Voice2

東京本社 営業部 高見澤 希 <入社2年目>
東京営業第一部 副主任
高見澤 希
<入社6年目>

————入社の理由

自分を成長させたいという思いから、学生時代とは全く違う世界である"BtoB"の世界で、様々な業種との取引がある会社への就職を希望していました。その中でKawaseは印刷という分野で様々な業種との取引があり、また単なる印刷会社というより、早期の段階でワンストップでのDM制作を手がけたり、センターを設立するなど、大きく変化し成長している点に共感しました。

————やりがいを感じるとき

毎月の成績を少しでも伸ばせた時はやりがいを感じます。

————辛かったこと、苦労したこと

自分の知識や経験が足りず、お客様の疑問や要望に上手くお応えする事ができない時は、自分の至らなさが悔しくて辛いです。

————嬉しかったこと、成長できたと感じたこと

新規ユーザー、新案件を獲得できたとき。
特に既存ユーザーから新案件のお声掛けを頂けたときは、そのお客様が初めて当社と向き合ってくれたような気がして嬉しいです。

————応募者へのメッセージ

印刷は学生時代には馴染みのない世界ですが、様々な会社の業務に関わる業種です。
自分の頑張り次第でいろいろな業種・世界と関わりを持つことができます。