KCS役職員行動基準 基準第1号

制定 平成20年10月1日
カワセコンピュータサプライ株式会社は、「誠實」「努力」「謙虚」の経営理念をベースにして、社会に対して果たすべき使命と役割を十分に認識し、良識ある企業として法令の遵守はもちろん、社会の規範に基づいた企業活動を将来にわたり推進して行くことを目的として、「KCS役職員行動基準」を定めます。
〔この行動基準はカワセコンピュータサプライ株式会社すべての役職員(以下私たちという)を対象とします〕

1.法令・企業ルールの遵守

私たちは、関係法令およびその精神を遵守し、社会のルールに反する行為を行いません。また常に社会から信頼される存在として、透明性を高め、公正かつ健全な活動に努めます。

2.公正な取引

私たちは、販売、購買活動及び生産活動において、すべての取引先に誠意をもって対応すると共に、公正かつ適正な取引条件を設定しそれを遵守いたします。

3.企業情報の開示

私たちは、株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションをはかり、正しい決算・財務処理を行い、企業情報を積極的かつ公平に適時開示いたします。

4.社会貢献

私たちは、企業の利益と社会の利益を調和させ、よき企業市民としての役割を、事業を通じて積極的に行います。

5.働きやすい職場環境に実現

私たちは、役職員一人ひとりの人格と個性を最大限に尊重し、ゆとりと豊かさを実現できる環境の整備に努めます。また、安全で働きやすい職場環境の確保に努めます。

6.反社会的勢力の排除

私たちは、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で臨み、これを断固として排除します。

7.環境への配慮

私たちは、環境問題に関する規制法令等を遵守し、資源の有効活用や省エネルギー等環境保全に配慮した行動をいたします。

8.個人情報の保護

私たちは、当会社の個人情報保護方針に従って、個人情報の取り扱いには、細心の注意を払い適切に管理いたします。

9.機密情報の保持

私たちは、職務を通じて知りえた業務上の秘密を許可無く持ち出し、あるいは開示いたしません。また、機密の保持は当会社を退職した後も継続いたします。

10.人権の尊重

私たちは、一人ひとりの人格や個性を尊重し、性別、信条、身体的条件、社会的身分による差別やハラスメント(いやがらせ)を行いません。